環境経営

持続可能な社会への貢献を目指し、グローバルな事業活動を推進しています

東芝グループは、「飽くなき探究心と情熱を持って社会に貢献していく」という理念の下、グローバルなビジネスを展開し、製品やサービスを通して人々が持続可能で豊かな生活を送れるよう日々活動しています。

「地球と調和した人類の豊かな生活」実現に向けて、東芝グループは環境ビジョン2050を策定。「つくる、つかう、いかす、かえす」という製品のライフサイクルを通じて社会の安心・安全の実現や、感動を呼び起こす価値創造、環境負荷低減などに取り組んでいます。

セミコンダクター&ストレージ社グループも、東芝グループ環境ビジョン2050に沿って、トータル・エネルギーイノベーションとトータル・ストレージイノベーションの両面で、持続可能な社会への貢献を目指した事業活動を進めています。

東芝グループの考える環境経営

「東芝ビジョン2050」:東芝グループは、地球と調和した人類の豊かな生活に向けて、環境経営を推進します

このページの先頭へ戻る

マークのついたリンクは、別ウィンドウにて開きます。