環境コミュニケーション(社会との共生)

地域社会との環境コミュニケーションを重要視して従業員参加型の活動を推進しています

環境問題は一朝一夕に解決するものではありません。まずは、身近な環境に目を向けて、生態系の保全や循環型社会の構築を目指し、徐々にその輪を世界に広げていくことが重要だと考えます。

環境問題の解決は、特定の個人や企業だけが奮闘しても、よい結果は得られません。地域の住民や自治体と企業が協力してはじめて、解決に向けた道が開けると言えるでしょう。このため、企業の環境活動において、最も重要な要素の一つが、地域社会とのコミュニケーションであると考えています。

セミコンダクター&ストレージ社グループでは、国内外の製造拠点がある各地域において、地域に根ざした従業員参加型の環境コミュニケーション活動を展開しています。この項では、大分工場、姫路半導体工場、タイの半導体拠点など、国内外における活発な環境コミュニケーション実績や、WEB媒体を使った環境PRなどについてご紹介します。

このページの先頭へ戻る

マークのついたリンクは、別ウィンドウにて開きます。